2014年4月1日火曜日

【小堀弘樹/22】3/31【最終回】毎日が、試合。~宣伝会議賞チャレンジ宣言!

9月から始まったこのブログ企画もこれで最後です。
ブロガーのみなさんお疲れさまでした!

8月に当選してから約半年間、
最初はブログで自分をさらすことにだいぶ勇気を必要としましたが
他の皆が投稿しているのを励みになんとか頑張ってこれました。

それにしても過去の記事を見返してみると

な ん て く だ ら な い こ と を 書 い て い る ん だ

と、とても恥ずかしくなります。

毎回、誓約書の中にあった一文
「公序良俗に反する内容を禁ずる」
ということが頭をよぎっていました。

このような機会をくださった事務局のみなさん、ありがとうございました。
そしてごめんなさい。
とても楽しかったです。


今回、たまたま協賛企業賞頂くことができましたが
本当にたまたまだと思うのでこれからもスピードを緩めずにタックルを続けていきたいと思います。


ということで、このまえから

渡辺潤平クラス1期生

として新たにスタートを切りました。
週末に大阪から東京まで帰る生活がしばらく続きます。

ブログは無くなりますが、これからも自分で自分のケツをスパンキングしながら
前進していきたいと思います。



毎日が、試合。



こぼ

松下さん(中央)と潤平さん(右側)と中西にて。始まりです!

今年シルバーだった鈴木岳さん(中央左)もこれからは同じクラスメイトです。

授業後に行った飲み屋でたまたま今年シルバーだった村椿さん(中央)と遭遇。



2014年3月31日月曜日

【芳野周司/21】3/31 じゃあね、第51回宣伝会議賞!~宣伝会議賞チャレンジ宣言!

9月から続いたブログもこれで最後になります、
宣伝会議賞チャレンジ宣言!ブログ。

いかがでしたでしょうか、しゅーじのブログ?
宣伝会議賞やキャッチコピーに関係ないことを題材にして、
むりくりこじつけたブログもありましたが。

ブログメンバーから3人も贈賞式に出たこと。
その1人が自分でなかったことが悔しいのですが、嬉しく思いました。
おめでとうございました!

さて、52回宣伝会議賞のグランプリを奪取するために、本気になろう!

今までご覧になってくださった方、宣伝会議賞事務局の方、
どうもありがとうございました!

ふぅ、短いけど、なんとか月3回のペースを守って21回分書き上げた・・・
夏休みの宿題は、8月30日から追い込んでいた派でした。
ガキの頃から、まったく変わっとらんわ。

【村田明音/14】3/31  来年の受賞者たちと、宣伝会議賞の反省会をしてきました!! ~宣伝会議賞チャレンジ宣言!


 おひさしぶりです!
(すいません)

肉食系ライターの村田明音です。

宣伝会議賞、受賞されたみなさま、
おめでとうございまーーーす!!!!

ブロガーからも3人!!有言実行すぎてかっこいい!!!

おめでとうございます!!!

あと、知ってる方も何人か授賞式に。

おめでとうございます!!!


わたしはというと、
宣伝会議賞、まさかの1次通過たった3本という結果にうちひしがれ・・・
・・・・冬眠してました♡



1次通過発表では、コピーライター養成講座18期の方々の健闘っぷりに感動。

「ひとつのクラスからこんなに!?」
「だれか受賞できるんじゃないか!!!」

という勢いでした。

2次・3次通過発表では
通過の少なさにびっくり。受賞の厳しさをすっごく感じました。

でも、ひとりクラスメイトが3次通過!おめでとー!!!















ということで、

グランプリもわかったところで、

先日、養成講座の元クラスメイトの有志で久々に集まりました。

「宣伝会議賞の反省会」として。

















なんとっ!
応募作品一覧をHさんがつくってくれました!!!


すごい数!ありがとうございます!!



作品に名前を書かずに、記号をつけて、
あとでその記号がだれの作品かわかるようにしてくれていたのですが、


ハプニング発生!!!


わたしが「これいいなー!」と思った作品が、



自分のでした・・・・・・・・笑。
しかも、1次も通過していないやつ。



(いいコピーを見分ける目を養わないといけないって、
コピーライター養成講座で教えてもらったのに)




そして、

これを見ながらひたすら2時間反省・・・かと思いきや、

宣伝会議賞以外の賞の話をしている人が多いではないか!!!
みんな、もう、未来を向いている!!涙


しまった、わたし、ぜんっぜん応募してませんでした。

















肉食ってる場合じゃなかった!!!!!!!!!!!!!





前々回の宣伝会議賞では、
受賞ネタをものすごく使わせていただきました。

そろそろすり減ってきたので、次こそはもう一度受賞しないと!!!


一番好きなコピーライターで、
一番好きな著者でもある林真理子さんを目指して・・・。


ライターの世界でこれからもがんばりまーす!!



あと、

2015年3月1日発売の宣伝会議に載るまでに、やせないとなー。



半年間、ブログにお付き合いいただいてありがとうございました!!
またお会いできる日まで♡

【芳野周司/20】3/31 なりたいものになろう、本気を出して!~宣伝会議賞チャレンジ宣言!

明日41日で、無事に(?)コピーライター3年目を迎えることになりました。
そして社会人になって、早くも干支ひと回り。
何度笑い、何度悲しみ、何度喜び、何度怒り、何度泣いたことでしょう?

ディーラー勤めすることになっていた12年前の今日。
入社ギリギリでAT限定解除の免許を取り、スーツ一式新調して準備万端。
この会社でずっと車を売っていくぞ!なんて決意を固めていました。

まさか2年半で会社を辞めて、
コピーライターという素晴らしい職業を見つけ出し、
フリーターというぬるま湯なんぞにゆったり浸かり、
コピーライターの肩書きを得るまでに何年ももがき続けてるなんて、
想像がつきませんでした。

そうです。
8年もの間、もがいていました。
アホでした。クズでした。大バカヤローでした。
(あれっ、今もじゃない?)

20代半ばの頃、
人生なんて、1秒でガラリと変わるのさ。
なんとも都合のいい言葉を自ら生み出し、根拠もないのに自らに暗示をかけ、
サボる口実をつくり、現実からなんとか逃げようとしていました。
コピーライターになりたかったのに、一切行動しなかったのは、なんでだったんだろう?

バイト先から社員にならないかというお声かけと、一目惚れした女の子の失恋。
その相乗効果で始めたコピーライター、というか正社員になるための活動。

未経験で大した実績もないので、
大半は書類選考で落とされてしまい、
面接=内定のような嬉しさ。

それでも、履歴書に書いた特技は野球というのに食いついてもらい、
根性があるのでは?ということから内定をいただきました。
でもコピーライター募集だったのに、実際はエディター。
騙された。
キャッチコピーや文章を書かせてもらえる仕事もありましたが。

それでも、いつかはコピーライターになりたいな~。と毎日を送っていたら、
いつの間にか年齢も30歳過ぎてしまっていた2年前。

時の流れの速さに困惑しながら、
コピーライターになる最後のチャンスと危機感を持って、
転職活動に励んでいました。

転職サイトなんて見ても、募集している会社はほとんどない。
こちらから攻めていくしかないのです。

しゅーじが取った方法をご紹介。
宣伝会議が開設しているホームページ「日本の広告会社」
http://www.ad-navi.jp/search/search.php
から会社を探し出し、社名をコピペして、ホームページをヒットさせ、メールアドレス電話番号を見つけ、コピーライター募集をしていないか連絡していました。

正確な数字は分かりませんが、おそらく300社以上はやったと思います。
予想はしていましたが、あまりにも反応が薄い。
募集していません。という返信メールをいただけるだけでも、
ありがたや、と感じていました。

それでもやり続けていけばイイこともあるのです。
3社から面接を受けさせてもらえることができたのです。
結果はダメでしたが。

編集者時代の制作物を見ていただくもウチでは求めていないとか、
デザインもできる人が欲しいんだよなとか。
あともう1社からは内定をいただいたのですが、
試用期間の3ヵ月は「無休で無給」という条件を突き付けられたため、
貯金もそれほどないので断念しました。

それでも数撃っていけばなんとかなるんだ。と言い聞かせ、
転職活動から2ヶ月後、見事に内定をいただくことができました。
結局は、転職サイトで応募した会社でした。

以前のブログにも書きましたが、まさしく
「いいパスは、走りつづける人のところに飛んでくる。」
のでした。

しかしまぁ、ここまでよくも遠回りしたものです。
さて、3年目。
周回遅れを少しでも挽回していかねば!

就職活動中の皆さん、
自分がやりたい仕事をちゃんと見つけ、一心不乱にがんばってください!
若さ、それは強い武器です。

夢に向かって進んでいる皆さん、
決して弱気にならないでください!
1秒ではないけど、必ず状況がガラリと変わる時が来ます!
なので、しっかり実力をつけていてください!

本気を出している時って、弱気にならないし、言い訳も言わないのです。
不思議なものです。

【富山忠彦/12】3/31 笑っていいともが夜7時からオンエアされてた宮古島から その⑨~宣伝会議賞チャレンジ宣言!

本日、お昼。ついに「笑っていいとも」が最終回を迎えました。

自分のブログの題名にもありますが、ぼくの住んでいる宮古島では

かつて(僕が小学生だった頃、約25年くらい前は)地上波電波が届かないので

「笑っていいとも!」が夜7時から録画放送されていた、と書きました。

当時の宮古島のテレビチャンネルは、NHK総合とNHK教育と民放ごちゃまぜチャンネル(各民放の

人気番組のいいとこどりチャンネル。)の3チャンネルだけだったので、

当時の富山少年は、テレビ全盛期の勢いのある番組を見ながら、将来はこんな面白いテレビ番組

をつくるテレビマンになりたい!という夢を抱きながら、すくすくと成長しました。

中学と高校は、熊本マリスト学園という中高一貫校へ進学し、大学は関西にある関西学院大学と

いうアメフトで有名な大学に推薦で入学しました。なぜ、この大学を選んだかというと、

学部が社会学部でマスコミの勉強ができるから。ゼミではジャーナリズム史を選考し、

将来は絶対にテレビ局に就職するという夢を持ちながら、4年間を過ごしました。

結果として、テレビ局全滅、広告代理店もほぼ壊滅ながら、電通と高島屋から内定を

いただけました。電通で、13年をCMプランナー・コピーライターとしてなんとかやってきて

人生の転機を迎え、故郷である宮古島に23年ぶりにもどったのが、ちょうど3年前の2011年。

結局、自分の人生を振り返ってみて、ぼくが一番やりたかったことっていうのは


面白いテレビ番組をつくるとか、面白いテレビCMをつくるとか、カンヌで賞をとる広告をつくるとか、


そんなことでは全然なかった。ちょうど最近気づけた。宮古島に戻って3年がたっていた。

自分のアイデアで、あるいは、自分たちのアイデアで、他の誰かを笑わせたり、喜ばせたり、感動

させたり、することだった。でも、それを実現するためには、広告クリエーティブ業界で13年もの

時間を過ごせたっていうのは、とても意味のあることだった。


アイデアを思いつく、そして、それを行動に起こす。


陽明学でいう「知行合一」、ちょっと違うか。。。

でも、僕的には同じ。


これからの世の中を変えるのは、「よそ者、若者、ばか者」と言われている。

宮古島にとって、23年ぶりに戻ってきて身としては十分よそ者の資格はある。

まだ30代、かろうじて若者の素質もある。あとは、ばか者になれるか?


アイデアを思いつくのは、誰でもできる(と思っている)、大切なのは、その後。

それを行動に移せるかだ。


自分ひとりで行動するのもいいし、だれかと一緒にでもいい。


失敗を恐れず、行動を起こす勇気。


そう、失敗を恐れないこと、言うのは簡単なのだけれども。


森田一義ことタモリも、「笑っていいとも!」が始まったころ

まさか、お昼の国民的番組になろうなんて考えていなかったのではないだろうか。


そんな国民的な番組が本日最終回を迎えた。

ここ宮古島でも地上波デジタルのおかげで、オンエアはお昼の12時から。


でも、ぼくはきっちりと録画をとっている。


ぼくの人生に大きな影響を与えてくれた番組に敬意を表して、今夜だけは夜7時から

この番組の最終回を見届けようと思っている。





みなさま、ありがとうございました!!!